ロードバイクを買おうと迷った私

ロードバイクとは、「舗装路を速く走る」のに最も適した自転車のことです。
舗装路で争われるレースに使用される前提で開発されており、ロードバイクではなくロードレーサーと呼ばれていました。
しかし、近年では趣味で自転車に乗る、ツーリングをするということが多くなり、快適に走るためのものが急増したため、ロードバイクという呼び方に変わってきました。

ロードバイクは軽いフレームでマウンテンバイクやシティサイクルよりもひときわ大きなホイールと、細いタイヤが持ち味で、独特な形状のドロップハンドルも大きな特徴となります。
一番の魅力は、とても軽く、速く走れるということで、価格こそ下は8万円から上は100万円など、基本的に高めですが、その分シティサイクルなどにはない軽さと速さが体感できます。

そしてもう一つの大きな特徴が、スピードを出すために強いられる、独特の前傾姿勢です。
シティサイクルやマウンテンバイクにはない、前傾姿勢で風を切って走り抜けていくのが、ロードバイクです。

 

いざロードバイクを買おうと思っても、メーカーやブランドは、国内外問わず非常にたくさんあります。
コストの低い、高いとか、信頼、性能など、選ぶ目安は様々あります。

ここでおすすめしたいのが、スポーツ自転車専門店で買う、という選択です。
スポーツ自転車専門店で売られている、それなりの値段で売られているもの、が一番おすすめな自転車かと思います。

具体的に言うと、まず新品で4万円程度のロードバイクは、ロードバイクもどきとか、雰囲気を味わうだけのものです。
基本的に希望小売価格が5万円以下のは、本物のロードバイクではないと考えても問題ありません。

アメリカのメーカー、日本のメーカーなど、様々なものがありますが、現在の大手のところはほとんどグローバルブランドになっています。
つまり、有名ブランドの服だとしても生産されているのは中国やマレーシアなどのように、現在のロードバイクは基本的には台湾で生産されているのです。

ですので一言でブランドと言っても、産地にこだわる必要はなく、性能で選ぶのがおすすめなのです。
ただしグローバルブランドでも、どのような歴史をたどってきているか、どのような基準なのか、開発へどのような信念があるのかなどは大切ですので、事前にインターネットなどで調べて、ある程度の情報は知っておいてから見に行くのがおすすめです。